石花を養生するのは年に一度の手の安産のためではないか。